限度額の考え方

クレジットカードのキャッシング機能を利用する場合には、当然ですが限度額についてしっかりと知る必要があります。クレジットカードには、ショッピング枠の他にキャッシング枠、総利用枠、割賦利用可能額という物があります。

パソコンショッピング枠というのは、クレジットカードを使って月にいくらお買いものが出来るのかという上限です。大手ネットショップサイトにクレジットカードを登録している場合には、ネットショップの買い物金額も加算されます。キャッシング枠はキャッシングできる上限です。契約で上限が決められておりますが、上限を上げるように申し込む事も可能です。審査に通過すればキャッシング枠を増やす事ができます。

総利用枠は、クレジットカード全体でお買い物と、キャッシングする事ができる上限になります。この総利用枠が50万円だった場合、ショッピング枠で40万円を使った場合、たとえキャッシング枠の上限が20万円であっても既に40万円を使ってしまっておりますので、総利用枠の50万円からショッピング枠で使った40万円を引いた10万円しか使えないという事です。割賦利用可能額は、ショッピング枠の内でお買い物をした際に分割で購入する事ができる金額の上限です。リボ払いや分割払い・ボーナス一括払い・二回払いで利用できる金額の上限になり、それぞれ上限が異なりますので事前に確認するようにしておきましょう。